もっともっと宴会を楽しもう!

Last update:2014/9/17

幹事の仕事1

宴会を楽しいものだったとさせるのは、幹事の仕事です。宴会を成功させるのも、失敗させるのも幹事の腕と努力とアイデア次第です。そこで、このページでは。幹事のポイントを簡単に教えましょう。

1 幹事の心得

◇打ち合わせ

司会・進行役などの幹事さんは、まず主催者へどのような内容にしたいかを十分に聞いて、イベントや二次会の2ヶ月くらいから打ち合わせを始めましょう。2ヶ月くらいでもあっという間に過ぎてしまうので、早めの行動を心がけましょう。打ち合わせの内容は下記を参考にしてください。

・同のような雰囲気で進めるか
・予定している参加者はどんな人たちか(会社の同僚、友人など、年齢や性別など)
・会場の広さやテーブルの配置方法
・スピーチや余興などは何人ぐらいに依頼するか
・会場の音響や照明設備はどうなっているか

また、前もって会場を下見しておくことも大切です。ある程度、イベントの内容が決まったら、主催者に見てもらいましょう。気に入ってもらえたら、会場の担当者とも打ち合わせをお薦めします。プログラムの順番、盛り込むゲームや、大まかな所要時間、スピーチや余興の順番、準備するものなどがあれば、書き出しておきましょう。スピーチなどは、人によっては予想以上に長くなることもりますから、所要時間は少し多めに余裕を持って設定しておいたほうがよいでしょう。

◇ゲーム進行の手順

本番になると、思ったように上手くはいかないのが普通です。イベントなどは、必ずアクシデントや予想外なことが起きます。イベントを成功させるためには、しっかりとした準備が必要です。

・ゲーム(イベント内容)を選ぶ
参加者の年齢、男女の比率などを考えて、どんなゲームをするか盛り込んだらいいかを考えます。

・ゲームに必要なアイテムを準備
幹事さん1人だけでは、思うように準備が進まないこともあるので、2人〜3人は補佐役として手伝ってもらいましょう。

・ゲームの練習
練習は大いにこしたことはありませんが、小道具などの準備や実際の使い勝手、時間なども念入りに確認しましょう。特に小道具のトラブルは会場の盛り上がりを下げてしまう可能性がありますので、注意しましょう。

・修正と改善
練習を行っての問題、時間が掛かりすぎる、イマイチ盛り上がらないなどがあれば、修正や改善、ルールの変更を行いましょう。ここに成功を近づけさせる大きなポイントになるでしょう。

・ゲームの仕上げ
ゲームの最終的なチェックを行いましょう。また、司会・進行役の幹事ははじめと、ヤマ場、閉めの大まかなセリフや動きなどをメモしておくといいでしょう。

◇あいさつ、スピーチのマナー

宴会という少しくだけた席だったとしても、スピーチする人などの肩書きや名前を間違えることは、大変失礼なことです。失敗しないように早めに出席者の名簿や座席表を見て覚えておきましょう。もし聞けるようなら、スピーチなどする方の性格も聞いておくのもいいでしょう。ゲームに参加してもらう人を指名する場合に役にも立ちます。盛り上げるきっかけにもなるでしょう。

◇ゲームの注意点

イベントの幹事をやるなら、よい思い出に残る集まりにしたいです。そうするためにも最低、次のようなことには注意しましょう。

・司会・進行の幹事はあせらず、ハッキリとはなし、できるだけオーバーなアクションするよう心がけましょう。ただ、あまりにもオーバーになりすぎると、逆に周囲の目も気になる増す。
・参加者の年齢などを考えて、みんなが楽しめるようなゲームを盛り込みましょう。
・ゲームへの参加は基本的に本人の自由なので、強制的に参加させるようなことは避けましょう。場の雰囲気を壊す恐れもあります。

・メインの人がいるならその人をたたえるようなゲームが好まれます。
・ あまり時間の掛かるゲームは見ているだけの人にとっては飽きてしまうことがありますので、できるだけ避けるようにしましょう。

・ゲームが終わったり、優勝者にはみんなで拍手でたたえましょう。

おすすめWEBサイト 5選

伊勢丹
http://isetan.mistore.jp/onlinestore/index.html

Last update:2015/2/19

次のページへ